×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アニエスベーの掛け時計

掛け時計とは,主に壁に掛けて時間を確かめる時計を掛け時計といいます。掛け時計は、各部屋の壁にあり、大きめのものが多いですからすぐに時間を確かめられるため、とても便利な時計です。部屋の中でも視線が集まる時計ですから、デザイン性も重視されます。
デザインでオシャレだなっと思ったものは,アニエスベーの世界観を表現したセイコークロックの掛け時計です。
アニエスベーのシンプルで心地よいデザインをそのまま掛け時計に反映させたようなシャープなフォルム、そしてファッションブランドならではの素材へのこだわりが魅力です。
この掛け時計の特徴は、アニエスベー初の電波修正機能搭載モデルになっています。時間精度は、午前2時以後に3時間ごと標準電波を受信することで時刻を修正します。この掛け時計は、どんなインテリアにも自然とマッチしそうな逸品です。
天然のカリンやメープルのつき板を用いた文字板、そしてサイドにはワンポイントとして印されたアニエスベーのロゴなど、シンプルながら存在感のある仕上がりになっています。

掛け時計と電波時計

掛け時計の中でも,電波時計は魅力的です。正確な時刻情報やカレンダー情報をのせた標準電波を受信することにより、正しい日本標準時刻に自動修正する時計です。
受信後の掛け時計は通常の水晶精度で動いております。掛け時計(電波時計)の標準電波は総務省および情報通信研究機構が運用しており、福島局と九州局の送信所から、標準電波(タイムコード情報)が送信されています。
この2局の標準電波の送信により、日本全国をカバーしています。
掛け時計の中でもお勧めなのは,セイコーのSF221Bです。ソーラーバッテリーを搭載したアナログの電波掛時計で、明るいリビングルームやオフィスなどでは電池交換の必要もなく常に正確な日本標準時をお知らせする手間いらずの時計です。

掛け時計の歴史!!フランツヘルムレ

掛け時計といっても,歴史は古いです。9世紀後半、創設者フランツ・ヘルムレは自ら時計を作り始め、時計のパーツやクロックの行商を行っていました。 1922年、ドイツ南西部にあるSchwennigenにてHermle(ヘルムレ)社を創立し、創立当初期はクロックのムーブメント改良や開発などに力を入れ、Hermle社の名前が世界中に知れわたるようになりました。 このようなアンティークな掛け時計は、自分用に購入するだけでなくプレゼント用としても人気があります。
友達の新築祝いや引っ越し祝い、お店の開店祝いなどでも贈る人が増えています。
掛け時計は場所もとりませんし、何より実用的です。
掛け時計は各部屋につけることが多いですから、お祝いで贈った場合も喜ばれます。イギリスやフランスなどで実際に使われていたアンティーク時計からアンティーク調掛け時計まで人気があります。
アンティークタイプの特徴は、文字部分がローマ数字になっていて色もセピアっぽく、落ち着いた雰囲気の時計です。

Copyright © 2007 掛け時計の魅力